日々の暮らしの大切さ

お久しぶりです。
地震から10日。
私の住んでいる京都では、大きな揺れはなく

でも、毎日のようにテレビで見る被災地の状況に
心を痛めています。

津波に飲み込まれた町の様子、ひと時も予断を許さない状況の原発…
伝えられる情報は、あまりにも悲惨で
不安でたまらなくなります。

そんななか、奇跡的に救出された方たちや、
消防庁の放水成功のニュースを見て
とても勇気づけられました。

被災地のかたたちの不安や悲しみは想像を絶するものだろうと思います。
関西に住んでる自分に何ができるのか…

やはりいつも通りに生活すること。
東日本が復興するまで、ほかの地域みんなで
日本を支えていかなくちゃいけないんだなと強く感じました。

買い物に行っても、なにも買う気になれなくて
楽しいことをしてはいけない気持ちになってしまって

でもいつまでもそのままでは
日本の経済がストップしちゃうんですよね。

これからは、日々の生活を少し節制して
できた余裕を義援金として被災地へ送ろうと思います。
すこしでも被災地の復興の助けになれたら…



被災地から離れていても、
PTSDは起こります。
震災のニュースを見て、不安定になるお子さんもいます。
なるべく、いつもの生活で、いつものペースで過ごそう。


きっと大丈夫。
また、元気な日本に戻ると信じて。

次回からはまたハンドメイドネタをUPしていきます。
[PR]